メニュー

保険と自費の違い

保険と自費の違いとは

保険診療は患者さんが我慢している状態(歯の噛むという本来の機能を復元)を治療することであり、自費診療とは快適な生活を送るために治療することです。現在のところ、最新の技術・材料を使用した治療は自費診療となります。しかし、残念ながら金属アレルギーなどは保険内治療と認められていません。
当院では自費診療の価格も公表し、治療を受けられる患者さんに納得していただいた上で、自費治療となるようにしています。また、自費診療については保証期間を設けております。

 
費用
審美
耐久性
アレルギー
保険診療
★★★
☆☆
☆☆
☆☆
自費診療
☆☆
★★★
★★★
★★★

かぶせ比較表

種類
特徴
見た目
体への適応度
耐久性
img01 保険適応されるので安価であり、耐久性、強度もあります。
しかし、見た目が良くないこと、金属アレルギーの可能性もあります。
☆☆
☆☆
★★
保険点数に準じる。
img02 金属なので見た目に問題はありますが、適合が良く金属もほとんど錆びることはありません。
☆☆
★★
★★
価格:6万~6.8万円/本(税別)
img03 セラミックとレジン(プラスチック)の混合素材を使ったものです。強度に優れ、色の変化が少ない素材です。
★★
★★
★★★
価格:5万~6万円/本(税別)
img04 メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にセラミック(陶材)を焼き付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。
見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。
★★★
★★
★★★
価格:10万~12万円(税別)
img05 ジルコニアは、メタルボンドの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用したものです。金属アレルギーのある方にもお勧めです。
★★★
★★★
★★
価格:16万~18万円(税別)

img_f

ファイバーコア

ファイバーコアとはファイバー樹脂で作られた心棒のことです。金属の心棒に比べて、下記のような利点があります。価格は1.5万~2万円(税別)となります。

  • 歯質と化学的に接着する
  • 歯の根の割れの原因になりにくい
  • 腐食しない

義歯の比較

 
種類
 
特徴
見た目
体への適応度耐久性
img_g002 プラスチックの総入れ歯は分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがありますが、料金が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。
☆☆
☆☆ ☆☆
保険点数に準じる。
img_g003 メタルプレート義歯は、義歯の中央部を金属にすることで、厚みを抑え、強度を高めたものです。 金属のほうが熱伝導率が高いため、感覚の面でも優れています。
★★
★★★ ★★★
価格:20万円~

img_g01

保険とメタルプレートの違い

薄く丈夫な「チタン」などの金属義歯です。発音や食感が良く、熱が伝わりやすくやけどを防止します。薄く加工可能な金属義歯は違和感が少なく食事や発音がしやすくなり快適です。

インプラント価格一覧

インプラント埋入料 25万~30万円(保証期間 10年)
インプラント義歯 ゴールド冠       10万円
ポーセレン冠     15万円
オールセラミック冠 20万円
総インプラント費用 上顎330~600万円
下顎280~560万円
(システムや義歯の材質、埋入本数などにより異なります)
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME