メニュー

バレンタインも近づき…

[2018.02.13]

元々にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖バレンタインに由来する記念日であり、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされるバレンタインデイ。

日本では女性が愛する男性にチョコレートと一緒に気持ちを伝えるる習慣が長く続いてきた。が、それは少し前までの話になってしまった気がする。今ではただのチョコレート祭りだ。私にそれを責める気などさらさらない。むしろ歓迎だ。甘味の大好きな私

にとってはまさに、年に一度世界中のチョコレートが集まってくる祭典だ!以前ならバレンタイデイにチョコなど買おうものなら「誰にあげるの」だのなんだのうるさくて仕方なっかたが、いまでは自分へのご褒美に買っていることも理解を得られるようになって重畳である。

こんかいお邪魔しに行ったのはあべのハルカス近鉄だ。かなりの賑わいを見せており売り場に近づくのがためらわれただ、一度入ってしまうと、そこら中からチョコレートの芳醇な香りがしてきて買えるのがためらわれるようになること間違いなしだろう。純粋に販売店の多さにも驚くが、何より目を引くのがスイーツスタンド。スイーツをその場で食べられるというのだ。上品な方は立ち食いに抵抗があるかもしれないが、ぜひ一度試していただきたい。どれもチョコレート好きにはたまらない逸品だ。

いろいろ食べてみて一番気に入ったのが、ジェラテリア・ヴィタリのフィレンツェ風ジェラートである。カカオ本来の味わいを楽しんでほしいといううたい文句で、おすすめがカカオを最高濃度まで詰め込んだ濃厚ジェラートで、その配合量は驚きの80%だ!ジェラートとして成立させているのがすごい。実食してみると、陳腐な言い回しで申し訳ないが「濃!!」のひとことで大体伝わるのではないかと思う。まずあまり甘くないのである。当然だが、80%はカカオでできているのだから。そしてすこしパサついた感じなのである。当然だが、80%はカカオでできているのだから。

……

ここまで濃くしなくてもよかったんじゃない?と正直、疑問がわいてくる濃さだった。カカオ好きにはたまらないのかもしれない。酷評したが決してまずいわけではない。普通においしかった。その証拠に写真を取り忘れて食べ続けてしまったのでこんな無残な写真でしかお見せできない。心苦しいばかりである。

15185207648921518520740320

…本当に見苦しい状態になってしまっておりもうしわけない。ぜひとも皆さんにはきれいな実物を見て味わっていただきたい。

そんなこんなでいろいろなチョコレートを楽しめるのでわたしはバレンタインが好きなのである。ほかにも和菓子を大々的に取り扱う日ができるといいのにと期待を寄せいるがそんな気配はまだ感じられない。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME